特発性血小板減少性紫斑病とインフルエンザ

特発性血小板減少性紫斑病とインフルエンザ

特発性血小板減少性紫斑病とインフルエンザ

インフルエンザなどの感染症などで特発性血小板減少性紫斑病の症状である血小板減少が起こることがあります。インフルエンザやその他どんな時に血小板が減ることがあるのか、血小板減少の定義とはどのようなものか、他に血小板減少での疾患があるとするならばどんな事なのか、というような事を紹介したいと思います。

 

特発性血小板減少性紫斑病とインフルエンザ

インフルエンザなどや麻疹・風疹などの感染症などのウイルス感染で、血小板の数が減少することがあり、それが要因になることも考えられます。他には血栓性血小板減少性紫斑病などにかかった時や、悪性リンパ腫などでは末梢神経などで血小板の数が減少します。また、甲状腺疾患や、全身性エリテマトーデスなどの自己免疫に関する疾患でも血小板が減少することがあります。

 

血小板減少の定義

血小板が減少しているというのは、血小板数の数値が10万/μL以下の状態になっていることで正常値は14〜44万/μL以下です。機能が低下すると、止血できなくなり出血がとまりにくくなることなどもあります。血液を採取することで血小板の減少を知る事が出来ます。血小板は数値が低いだけでなく、高い場合にも病気になっている可能性があります。

 

血小板減少での他の疾患

薬を使用している人で、薬を飲み始めてから1週間くらいで血小板が減少した場合には、薬剤起因性血小板減少症という疾患にかかっていることがあります。薬を飲んだことでそのような症状が起こった際には、まず薬を中止する必要があります。

 

インフルエンザなどの感染性の疾患などにかかった際に、血小板が減少することがあります。特発性血小板減少性紫斑病は血小板が減少する疾患なので、そのような要因から血小板が減少し、特発性血小板減少性紫斑病を発症することなども考えられますので、何か体に変化があったような場合には、病院で診てもらうようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク