特発性血小板減少性紫斑病の合併症

特発性血小板減少性紫斑病の合併症

特発性血小板減少性紫斑病の合併症

特発性血小板減少性紫斑病は血小板が減ることで出血しやすくなったり、紫斑などが出たりする病気です。

 

全ての人に紫斑が出るというわけではなく、紫斑が出ない時もあるようです。特発性血小板減少性紫斑病の治療をしていると起こる合併症とはどのようなものなのか、脾臓摘出する患者さんはどの程度いるものなのか、病気に気づいたらまず何をするべきかなどを紹介したいと思います。

 

特発性血小板減少性紫斑病での合併症について

特発性血小板減少性紫斑病での治療はピロリ菌の除菌療法が効果がない場合には、ステロイドで行われることが多く、ステロイドでの副作用の合併症が出てくる場合が多くあります。白内障、骨折、消化管出血や骨粗しょう症、糖尿病、ムーンフェイスなどがあり、ステロイドを長期で大量に使用していると起こる場合があります。

 

脾臓摘出する人はどのくらいいるものなのか

脾臓摘出術も開腹しての脾臓摘出術と、内視鏡で行われる脾臓摘出術があります。最近では内視鏡で行われることが多く開腹しての摘出術は1割くらいといえるでしょう。術後に感染症かかる場合があるため、手術をする前に予防接種を行います。

 

特発性血小板減少性紫斑病の病気に気付いたらまずすることとは

まずは病院に行くのが先決ですが、血液内科などがある病院へ行くことをお勧めします。どこの病院へ行ったらいいのか分からないような場合には、かかりつけの内科などがある場合には、まず先生に相談して大きな病院を紹介してもらうというのも良いでしょう。出来るだけ早く病院へ行くようにしましょう。

 

特発性血小板減少性紫斑病は治療する際にステロイドを使用することがあるため、ステロイドの副作用で合併症がおこることがあります。長期にステロイドの使用すると合併症になりやすくなるようです。

スポンサーリンク