特発性血小板減少性紫斑病の死亡率

特発性血小板減少性紫斑病の死亡率

特発性血小板減少性紫斑病の死亡率

特発性血小板減少性紫斑病は血小板が減少する病気で、最悪死に至ることがあるとも言われている病気ですが、どのような時に死に至ることがあるのか死亡率はどのくらいなのか、どのような人が死亡率が高くなるのか、症状はどのようなものなのかなどを紹介したいと思います。

 

特発性血小板減少性紫斑病の死亡率について

特発性血小板減少性紫斑病で死亡することがあるのであれば、腹腔内出血や頭蓋内出血などが起こった時に死亡する可能性があるとも言われています。死亡率としては、5%から8%くらいと言われていますが、頭蓋内出血は1%くらいの確率で発症すると言われています。

 

どのような人が特発性血小板減少性紫斑病で死亡率が高くなるのか

特発性血小板減少性紫斑病は血小板の数が少なくなると言われていますが、血小板の数値が3万/μL以下になってしまうと、普通の健康な人に比べて4倍近く死亡率が高くなるとも言われています。

 

特発性血小板減少性紫斑病の症状とは

皮下出血や毛細血管がやぶれることによって出血します。その出血があざのような紫斑を作りだし、紫斑がみられるようになります。また紫斑だけでなく、あらゆるとこから出血することで、体の中に血栓が出来ます。そのため、発熱などや腎臓に障害などが起こるような症状が出ることがあります。

 

特発性血小板減少性紫斑病は血小板の数が少なくなることで、最悪なケースの場合死に至ることもある怖い病気です。死亡率は5%から8%くらいとも言われており、腹腔内出血や頭蓋内出血が原因で死亡することが多く見られます。頭蓋内出血などが起こるのはとても稀なこととは言われていますが、一度発症してしまうとその後予後不良となることがあるため、最大の注意が必要となってきます。

スポンサーリンク