特発性血小板減少性紫斑病の再発

特発性血小板減少性紫斑病の再発

特発性血小板減少性紫斑病の再発

特発性血小板減少性紫斑病は免疫が必要である血小板を異物としてとらえてしまい、血小板に対して自己抗体を作り血小板を壊してしまう病気と言われていますが、発症してしまうと再発してしまうことはあるのか、治療として効果的なことはあるものなのか、漢方薬などは効果があるのか、などを紹介したいと思います。

 

特発性血小板減少性紫斑病は再発するものなのか

特発性血小板減少性紫斑病は、急性の場合には6か月以内に治癒していくと考えられていますが、その中では1割くらいが再発してしまうとされています。そして再発してしまうと、慢性型に移行してしまいなかなか治癒が難しくなることがあります。慢性型になると、良くなったり悪くなったりを繰り返します。

 

特発性血小板減少性紫斑病の治療について

特発性血小板減少性紫斑病の治療に使用されるものとして、ステロイド(副腎皮質ホルモン)が使用されることがあります。他には、ヘリコバクターピロリを除去することで治療となることがあります。

 

特発性血小板減少性紫斑病に漢方薬は効果的なのか

漢方薬を使用する時には、症状に対して漢方薬を使い分けると効果的なようです。例えば、出血傾向がある症状、疼痛や腫脹などがある症状、倦怠感などが強い時、慢性出血があり色素沈着をしている時などの症状に合わせて漢方を使用すると効果がある事もあるようです。

 

特発性血小板減少性紫斑病は発症してから急性型と慢性型に分けられ、急性型はだいたい6か月くらいで治癒するものをいいますが、また再発して慢性型に変わってしまうこともあり、だいたい1割くらいが再発します。慢性型になってしまうと、良くなったり悪くなったりを繰り返してなかなか治癒するのが難しくなる傾向にあるようです。

スポンサーリンク