特発性血小板減少性紫斑病の治療ガイドライン

特発性血小板減少性紫斑病の治療ガイドライン

特発性血小板減少性紫斑病の治療ガイドライン

特発性血小板減少性紫斑病は原因不明で難治性の疾患として認定されています。特発性血小板減少性紫斑病の治療ガイドラインとはどのようなものなのか、特発性血小板減少性紫斑病の症状とはどのようなものなのか、発症率と男女比率はどのようなものなのかなどを紹介したいと思います。

 

特発性血小板減少性紫斑病の治療ガイドラインについて

まず特発性血小板減少性紫斑病の治療を決めるにあたり、急性慢性を問わず確定しているかどうかの診断をします。入院し治療をはじめ、ピロリ菌の検査、血小板が減少または増加しているかどうかの判定、血小板の数でどのように経過観察していくかなどを決めます。その後はさらに検査をしながら治療を決めてくような形で治療のガイドラインを進めていきます。

 

特発性血小板減少性紫斑病の症状とは

風邪のような症状や、ウイルス感染症などの症状が前駆症状としてみられることがあります。

 

出血症状が起こり、紫斑などが出ます。鼻出血、下血、血尿、歯茎からの出血、月経過多など出血が起こりやすくなり、血小板減少に伴う出血傾向がみられるようになります。頭蓋内出血や腹腔内出血が起こると、最悪死に至ることもあります。

 

特発性血小板減少性紫斑病の発症率と男女比率について

日本では、年間1000人〜2000人程度発症していて、男女比率でいうと1対2で女性のほうが多い病気です。

 

慢性型の一部では、ヘリコバクターピロリ菌が原因となっていることがあると言われています。

 

特発性血小板減少性紫斑病は難治性の疾患です。女性の方が男性に比べて倍くらいの発症率で、年間1000〜2000人くらいの割合で発症します。出血の症状が主な症状なので、出血症状がみられるなと思ったら早めに病院へ行き、検査した方が良いでしょう。

スポンサーリンク