アレルギー性紫斑病が発症する確率

アレルギー性紫斑病が発症する確率

アレルギー性紫斑病が発症する確率

アレルギー性紫斑病は小児に多い病気の血管炎です。どのくらいの確率で発症するのかというと年間10万人あたりでだいたい10人から20人くらいと言われているので、1万人に1人の発症率です。

 

どのような人が発症しやすいのか、気を付けなければならないことはどんなことなのか、繰り返して発症することはあるのかなどを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病の発症率

アレルギー性紫斑病は子供に多い病気と言われていて、また男の子の方が倍くらい多いとも言われています。

 

1万人に1人くらいの発症率ですが、10才以下に多いとも言われています。ピークは4〜6才くらいで、アジア人や白人に多いともされています。

 

アレルギー性紫斑病で気を付けなければならないこととは

風邪などの普通の病気の予後に発症することが多いため、何か症状が出た時には早期発見することが大切です。

 

紫斑などが出た場合などは、アレルギー性紫斑病と分かりやすいですが、腹痛や関節痛だけであると、なかなかアレルギー性紫斑病とわからないこともあるため、すぐに確定しないこともあります。

 

アレルギー性紫斑病は繰り返すことがあるのか

アレルギー性紫斑病は一度よくなっても、また悪くなったりするような繰り返し症状が出る病気と言われています。一度治癒したように思っても、数年後に再発したり、アレルギー性紫斑病の合併症の紫斑病性腎炎を発症することがあるため、経過観察がとても大切な病気です。

 

アレルギー性紫斑病の発症率は1万人に1人という難病ですが、子供に多く男の子に特に多いと言われています。

 

もちろん大人が発症することもあります。アジア人や白人に多く、黒人にはあまり見られない病気のようです。

 

繰り返し発症したり、合併症をおこすことがあるため、アレルギー性紫斑病を発症した時には経過観察がとても重要になります。

スポンサーリンク