アレルギー性紫斑病と浮腫

アレルギー性紫斑病と浮腫

アレルギー性紫斑病と浮腫

アレルギー性紫斑病になるとさまざまな症状が現れますが、浮腫すなわちむくみが出ることがあります。

 

浮腫はどのようなところに出ることが多いのか、ただの浮腫とアレルギー性紫斑病の浮腫との違いがあるとしたらどのようなところなのか、アレルギー性紫斑病が多くなる時期というのはあるものなのかなどを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病と浮腫について

アレルギー性紫斑病になると浮腫の症状が現れることがありますが、足関節のまわりなどが腫れて浮腫が出ることが多いですが、顔面や背部、頭部、手背などにも浮腫があらわれることがあります。痛みの伴った大きな浮腫が出るのが特徴です。足がむくみすぎて歩けないほどの症状にまれになったりすることもあるようです。

 

アレルギー性紫斑病の浮腫とは

腫れて痛みが伴うことはありますが、アレルギー性紫斑病の浮腫は発赤がない浮腫となります。痛みなどが強い時には病院などに行って痛み止めをもらうなどの対処をしてもらうのが良いでしょう。

 

アレルギー性紫斑病が多い時期はあるもの?

アレルギー性紫斑病は風邪や感染性の病気から発症することがあるといわれているものなので、夏などは比較的少なく、秋から初夏くらいまでの間に多くなると言われています。風邪をひいた後に症状が出ることが多いため、風邪が流行っている期間などは特に見逃さないようにした方が良いです。

 

アレルギー性紫斑病の症状には浮腫があらわれる症状が出ることがあります。この浮腫は全身性のものでいろいろなところにあらわれることが多いですが、顔面や背部、頭部、手背、足関節などにあらわれることが多いと言われています。痛みが伴うことが多く、むくみが酷いと歩行が困難になることもあるため、そのような時には早めに病院へ行くようにしましょう。

スポンサーリンク