アレルギー性紫斑病とお風呂

アレルギー性紫斑病とお風呂

アレルギー性紫斑病とお風呂

アレルギー性紫斑病を発症しても特にお風呂に入っていけないなどということはないようですが、お風呂あがりには普通の時にも蕁麻疹が出やすかったりする事があるものです。アレルギー性紫斑病で入浴する時に気を付けた方がいいことや、お風呂の後に痛みなどが出る時にはどうしたら良いのか、アレルギー性紫斑病は運動などはしていいのか、などを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病で入浴する時に気を付けること

アレルギー性紫斑病は特に入浴してはいけないという事はないようですが、入浴した後に紫斑が広がった、紫斑が出てきたというような事もあるため、紫斑が多くなるような場合には長く入浴しているのではなくできるだけさっとすませるようにするなどした方が良いです。

 

お風呂の後に痛みなどが出る場合

アレルギー性紫斑病の人がお風呂に入って痛みなどが出てしまう場合には、医師に相談してみる必要があります。毎回痛みが出るのかどうか、短い時間お風呂に入るのであれば大丈夫なのか、など対処法を考えるようにすると良いでしょう。

 

アレルギー性紫斑病と運動について

アレルギー性紫斑病になった場合入浴などはしても大丈夫ですが、運動などで激しく体を動かすのは禁止になることがあります。たくさん動いて汗をかくと、余計に紫斑が出ることがあるからです。

 

安静にしなければならないですが、体をあたためることで紫斑が出やすくなる人もいます。入浴は禁止ではありませんが、体をあたためることで症状が悪化するのであれば一度医師に相談する必要があります。

 

アレルギー性紫斑病になったらお風呂にはいってはいけないというきまりはないですが、お風呂に入ることで紫斑が出てきた、紫斑がひろがったというような話は多いようです。紫斑が出てしまうことが多いような人は、体をあたためすぎないようにする、入浴時間を短くするなどの対処をしながら、紫斑が悪化しないような生活を心掛けると良いでしょう。

スポンサーリンク