アレルギー性紫斑病と虫刺され

アレルギー性紫斑病と虫刺され

アレルギー性紫斑病と虫刺され

アレルギー性紫斑病は発症する前に、風邪の症状があったり、溶連菌感染症などの感染症などの症状があってそれが原因でアレルギー性紫斑病を発症することがあると言われています。また虫に刺されたことによってアレルギー性紫斑病に感染したという事もあります。

 

虫刺されした後にどんなことに気を付けた方が良いのか、他に原因があるとしたらどんな原因があるのか、男女で発症する確率が多い方があるものなのか、などを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病と虫刺されなどについて

アレルギー性紫斑病を発症する原因はさまざまあると言われていますが、虫に刺されたことでアレルギー性紫斑病を発症するということもあるようです。虫に刺された後に紫斑のようなものが出たら要注意です。合わせて腹痛なども出ないか注意しておきましょう。また虫刺されの他に予防接種を受けたことで発症してしまうという事もあるようです。

 

アレルギー性紫斑病を発症する原因

風邪をひいたり、溶連菌感染症などにかかった後にアレルギー性紫斑病を引き起こすことがあると言われています。また、食べ物などからもアレルギーが反応し、アレルギー性紫斑病を引き起こしてしまうことがあります。アレルギーを引き起こしやすい食べ物としては、牛乳・卵・小麦・トマトなどがあげられます。

 

アレルギー性紫斑病を発症する確率

アレルギー性紫斑病は子供に多い病気と言われていて、2才くらいから10才くらいまでの子供がかかりやすいと言われています。15才以上になるとかかる確率が減ります。男女でみると、男の子の方が2倍近く多いことがあるとも言われています。もちろん、子供だけでなく大人も発症することがあり、大人は紫斑病性腎症なども発症しやすいと言われています。

 

アレルギー性紫斑病を発症する原因にはさまざまありますが、虫に刺されることによって引き起こすことがあったり食べ物や薬を飲むことから発症することもあり、普通に生活しているだけでも発症することがあります。また、風邪やウイルス感染の病気にかかった後にアレルギー性紫斑病を引き起こすことも考えられるため、さまざまな原因があると考えられます。

スポンサーリンク