アレルギー性紫斑病の症状の経過

アレルギー性紫斑病の症状の経過

アレルギー性紫斑病の症状の経過

アレルギー性紫斑病の症状は様々ありますが、時間の経過とともに新たに出てくるような症状などもあります。

 

どういった症状が経過とともにあらわれることがあるものなのか、なかなか紫斑と確定されないような時はどんな時なのか、子供の場合どの科で診察を受けた方がいいのか、などを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病の症状の経過

アレルギー性紫斑病の症状として紫斑や腹痛、関節痛などが現れることが一般的な症状といえます。しかし時間が経過してからあらたに出てくる症状というものがあります。だいたい症例の半分くらいに尿の異常が認められ、紫斑病が発症してから、紫斑病性腎炎が3か月以内に発症することがあるのです。

 

紫斑病性腎炎は腎臓の病気なので腎臓の治療のしていかなければなりません。全ての人に発症するわけではないですが、経過観察がとても重要です。

 

紫斑病と確定されない時はどのような時なのか

アレルギー性紫斑病の症状の紫斑がなかなか出現しないというようなこともあります。先に腹痛や発熱などがあらわれると他の病気と勘違いされて、アレルギー性紫斑病となかなか分からないことがあります。紫斑は指で押しても赤みが消えないため、湿疹があって紫斑がまだはっきり出ていなくて分かりにくい時には、その違いで判断されるようです。

 

アレルギー性紫斑病の場合子供は何科にいったら良いものなのか

アレルギー性紫斑病は紫斑が出たりすると、まず皮膚科と思われがちですが、血液の病気なので内科に行くと考えた方が良さそうです。しかし子供なので最初は小児科へ行くと良いでしょう。小児科でアレルギー性紫斑病と診断された場合、そこで治療が分からない場合には、適切な病院などを紹介してくれる場合があります。

 

どこへ行ったらいいのか分からなければまず小児科へ行くようにしましょう。

 

アレルギー性紫斑病は症状が出ておさまってから、経過とともに紫斑病性腎炎のような症状があらわれることがあります。症状が治まったからと言って安心せず、経過観察はきちんと行うようにした方が良いです。

スポンサーリンク