アレルギー性紫斑病とむくみ

アレルギー性紫斑病とむくみ

アレルギー性紫斑病とむくみ

アレルギー性紫斑病にはいろいろな症状が出ることがありますが、むくみ(浮腫)の症状が現れることがあります。ひどい時には足がむくんで歩けないというような症状が出てしまうようなこともあります。

 

どうしてむくみが出ることがあるのか、手足のむくみが起こった場合に考えられることとは、むくみが起こりやすい場所はどんなところなのか、などを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病でのむくみについて

アレルギー性紫斑病は、血管透過性が亢進してしまうために、細胞外液の量が局所的に増加してしまうことがあります。

 

これが原因でむくみが起こると言われています。アレルギー性紫斑病にも起こることがありますが、他に浮腫の原因があることもあります。

 

手足のむくみが起こった時に考えられることとはどんな事か

アレルギー性紫斑病の症状でむくみが出ることは症状として考えられますが、手足にもむくみが起こった時には紫斑病性腎炎を疑った方がいい場合があります。手足が赤くむくんだりすることもあります。

 

むくみが起こりやすい場所とは

アレルギー性紫斑病では、足の関節近くやふくらはぎ部分、膝などがむくみやすいと言われています。他にも背中や、顔、頭などにもむくみが起こることがあり、さまざまなところに症状があらわれると言われています。

 

アレルギー性紫斑病にはむくみの症状が起こる場合があります。手足や足だけでなく、顔や背中、頭などいろいろなところがむくむような症状が出ることがあります。アレルギー性紫斑病の症状です。これは血管内外の水分量がバランスが変化してしまうために、起こってしまう症状のようです。なかなか治らなかったりする場合には病院で診てもらうと良いでしょう。

スポンサーリンク