単純性紫斑病

単純性紫斑病

単純性紫斑病について

単純性紫斑病についての記事一覧になります。

単純性紫斑病記事一覧

単純性紫斑病の症状

単純性紫斑病は点状の出血斑が多数現われます。その出血斑はあらゆる場所に拡がります。色素の痕が残るケースもあります。若い女性に多く見られ、四肢や臀部によく見られます。紫斑は血管や血小板の異常など重い病気の前兆のこともありますので一度は血液専門の医師の検査を受け、血小板の機能に異常がないかを確かめておき...

≫続きを読む

単純性紫斑病の治療方法

通常は処置を必要としていません。一般に極端な運動は止めて安静を心がけます。また、単純性紫斑病は一度消えても再発する可能性が高いので、経過をよく観察しましょう。単純性紫斑病は診断が難しいので、ほとんどの場合は見た目で判断をしなければなりません。自己判断では他の疾患との識別は困難ですので、皮膚科医の判断...

≫続きを読む

単純性紫斑病と関節痛

単純性紫斑病について単純性紫斑病については女性に多い病気です。特に20歳代の方の皮膚に好発する出血班です。痛みやかゆみはありませんが、特に色素沈着をしてしまい痕が残ってしまうという事があります。女性にとって痕が残ってしまうというのは、心の傷にもなりますので油断できない症状です。原因は不明ですが、過労...

≫続きを読む

単純性紫斑病は治らないのか

単純性紫斑病治療単純性紫斑は、赤紫色の出血班(皮下に生じる点状の出血)が四肢のいたるところに多数現れる疾患です。しばしば、皮下出血を起こすことで紫斑が出来ますが出血傾向がなく血液凝固能力にも異常がないものを指します。単純性紫斑病そのものは、全く心配する必要のない状態で、治療も必要はありません。20代...

≫続きを読む

単純性紫斑病の足や腕などの四肢の特徴

単純性紫斑病について単純性紫斑病は女性に多く、年齢でいうと20歳代の方の皮膚によく起こる出血斑で痛みやかゆみを伴わないというのが特徴になります。しかし、気を付けなければいけないのが色素沈着になります。毛細血管が男性に比べると弱い音から女性の疾患率が高い事や高齢者や副腎皮質ステロイド服用者も同じことが...

≫続きを読む

単純性紫斑病は繰り返す傾向にあるのか

単純性紫斑病の繰り返しについて「ぶつけた覚えがないのに気が付いたら足に痣が良くできている」という方がいます。ほとんどの多くは20歳〜40歳代の女性で、“あざ”が出来ている部位は膝下がほとんどになります。まれに膝上にも見られます。出血性や凝固系の検査を行っても全く異常は出てきません。“あざ”が良くでき...

≫続きを読む

女性の単純性紫斑病

女性の単純性紫斑病について単純性紫斑病は、点状の出血範斑が多数現れます、その出血班はあらゆる場所に広がり、色素の痕が残るケースがあるので注意が必要です。発症が多いのは若い女性です。紫斑が起こる場所としては、四肢や臀部によくみられます。紫斑は血管や血小板の異常など病気の前兆の事もあります。自分勝手な判...

≫続きを読む

単純性紫斑病の顔への影響

アレルギー性紫斑病アレルギー性紫斑病(血管性紫斑病)の特徴的な症状と言えば、軽く盛り上がった出血斑(紫斑)が四肢や関節付近に出るという事です。紫斑は身体や顔にも出る場合もあり、じんましんのように痒みを伴った発疹で始まり、次第に紫色に変色をしていくというものになります。じんましんのように紅斑と決定的に...

≫続きを読む

子供の単純性紫斑病

子供の単純性紫斑病について子供の単純性紫斑病についてですが、血管性紫斑病という分類に入ります。小児が発症する血管病の中で最も頻発する病気の一つになります。免疫系の異常から全身の細い血管が炎症を起こしてしまい、出血することから下肢の皮膚を中心に赤〜赤紫の出血斑が現れます。それと同時に、腹痛や嘔吐症状な...

≫続きを読む

単純性紫斑病と好発

単純性紫斑病と挫傷の好発について単純性紫斑病は非常に多くみられる病気です。はっきりとした原因については不明ですが、1つの異常性病態の代表です。通常女性に発症しますが、外傷の記憶がないのに関わらず、大腿部や臀部や上腕に挫傷が出現します。病歴では通常、そのほかの出血異常を伴う病気などはなく、家計の中に同...

≫続きを読む

単純性紫斑病の原因

単純性紫斑病のメカニズム単純性紫斑病と置いうと、下肢の皮膚の表面にできる点状の出血斑です。20歳代の女性に多くみられる、ほとんど心配の必要や治療の必要もないものになりますが、はっきりとし原因やメカニズムについては解明されていません。考えられる点としては毛細血管についてです。毛細血管の弱さが、この病気...

≫続きを読む

スポンサーリンク