血栓性血小板減少性紫斑病

血栓性血小板減少性紫斑病

血栓性血小板減少性紫斑病について

血栓性血小板減少性紫斑病についての記事一覧になります。

血栓性血小板減少性紫斑病記事一覧

血栓性血小板減少性紫斑病の症状

血栓性血小板減少性紫斑病(thrombotic thrombocytopenic purpula:TTP)は、血を止めるのに必要な細胞である血小板が互いにくっつきあって小さな塊を形成します。結合により血小板の数が減少します。また、末梢の細血管血小板の塊によって閉ざされてしまう病気です。重篤な疾患で、...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病の検査

特発性血小板減少性紫斑病(ITP)と同様に血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)でも血小板が消費されるため、骨髄の巨核球は正常〜増加です。ITPと比較しても急速に血小板減少、血管内溶血、発熱、精神神経症状、腎障害が起こります。治療法が確立するまでは死亡率が8割以上でした。TTPは病歴と末梢血の検査でほぼ...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病の診断基準

TTPは微小な血小板血栓が多発する病気です。血小板数の低下に伴う出血傾向とともに精神症状をきたします。多発した微小血栓管を血球が通過するので赤血球が破砕して溶血性貧血の所見が現われます。加えて、ADAMTS13という血栓を抑制する因子の活性が低下していることが明らかにされています。2つの診断基準AD...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病の治療方法

血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)の代表的な5つの症状は、血小板数の減少、溶血性貧血、動揺する精神症状、腎障害、発熱です。TTPの治療方法には血漿交換や新鮮凍結血漿輸注、ステロイドを利用したものがあります。まずは副腎皮質ステロイドホルモン薬を利用します。手術によって脾臓を摘出することもあります。それ...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病の治療ガイドライン

血栓性血小板減少性紫斑病とは血栓性血小板減少性紫斑病は、1924年にアメリカのEli Moschcowitzによって発見された病気です。簡単に言うと、出血傾向を生じたり、血栓によって赤血球が破壊される疾患です。血管の内側に血小板が張りついてしまい血栓を作り、毛細血管内腔へとげ状になってしまうために、...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病の看護

血栓性血小板減少性紫斑病の看護血栓性血小板減少性紫斑病の症状について症状としては大きく分けると5つの症状がありますが、全身性の重篤な疾患と考えられてきました。血小板の減少として、出血傾向がみられ、皮膚に紫斑が起きる。溶血性貧血として、赤血球の機械的な崩壊が起こる。腎機能障害として、腎臓の毛細血管で血...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病と血漿交換

血栓症血小板減少性紫斑病と血漿交換血栓症血小板減少性紫斑病の治療について初めに考えられる治療としては、血漿交換で血漿交換療法と呼ばれるものです。体外に血液を導き、特殊な膜を通すことで正常な血液成分はそのままとして、問題がある血液成分を健康な人の血液成分と交換する治療法の事です。この治療法は血栓性血小...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病と膠原病

膠原病について膠原病とは、全身の血管や皮膚、筋肉、関節などに炎症がみられる病気の総称で原因不明の発熱や湿疹、関節の痛みなどの症状が共有してみられます。女性と男性を比べてみると、女性に多くみられる病気で、比較的若い女性の原因不明の発熱として発見されることが多くリウマチなど、数種類の病気が含まれています...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病の予後

血栓症血小板減少性紫斑病の治療血栓性血小板減少性紫斑病は、止血に必要な細胞である血小板が、不適切に活性化され血小板が互いにくっつき合って、互いに小さい塊を形成することにより起こる病気です。つまり、それが原因で血小板の数が減少してしまい、塊が血栓として血管を閉鎖してしまう事により、虚血状態が起こり様々...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病は難治性の病気?

血栓症血小板性紫斑病の先天性後天性の治療について後天性の血栓症血小板減少性紫斑病の場合に、治療をしなかった場合には2週間以内に9割が血栓症のために死亡をするという報告があります。適切な診断が下され、血漿交換療法を速やかに開始することで、8割が生存可能と言われています。再発をしたり、難治例の場合には血...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病の原因

血栓性血小板減少性紫斑病は100万人に4人程度といわれている大変に難病と言われている病気ですが、先天性のものと、後天性が原因のものがあると言われています。先天性は遺伝子異常ですが、とてもまれな疾患です。血栓性血小板減少性紫斑病の原因はどんなところにあるものなのか、血栓性血小板減少性紫斑病は遺伝するも...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病と脳梗塞

血栓性血小板減少性紫斑病とは難病に指定されている紫斑病で、血栓性血小板減少性紫斑病にかかった人が脳梗塞を起こすと、脳の血管が詰まってしまっているため危険なことがあります。血栓性血小板減少性紫斑病で脳梗塞を起こしてしまうとどのようになってしまうものなのか、血栓性血小板減少性紫斑病はどのような病気なのか...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病と難病指定

血栓性血小板減少性紫斑病は難病に指定されている病気です。血栓性血小板減少性紫斑病は難病に指定されているほど難しい病気とされていますがどれくらいの人がかかっているのか、血栓性血小板減少性紫斑病はどのようにして発見されるのか、血栓性血小板減少性紫斑病の難病は自動的に交付されるものなのか、などを紹介したい...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病と血小板輸血

血栓性血小板減少性紫斑病には血小板輸血は禁忌されています。血小板が固まってしまうことで血栓が出来てしまうため禁忌となります。血栓性血小板減少性紫斑病は血小板輸血は禁忌ですがどのような治療法があるのものなのか、血栓性血小板減少性紫斑病は治療しないと死亡してしまうことがあるのか、血栓性血小板減少性紫斑病...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病と遺伝

血栓性血小板減少性紫斑病は遺伝性のものが原因で発症することがあります。血栓性血小板減少性紫斑病はどのような遺伝性のものが原因で発症することがあるのか、先天的な血栓性血小板減少性紫斑病はどの時期に発症するのか、血栓性血小板減少性紫斑病は薬を使用していることによって引き起こされる事はあるのか、などを紹介...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病と意識

後天性に血栓性血小板減少性紫斑病になった場合には意識障害などの症状が出ることがあります。血栓性血小板減少性紫斑病の症状として意識障害の他にはどのような症状が出るものなのか、血栓性血小板減少性紫斑病になりやすい年齢や男女別などはあるのか、血栓性血小板減少性紫斑病はどのように治療していくのが適切なのか、...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病と肝硬変

血栓性血小板減少性紫斑病は血小板が減少する病気です。重度の肝硬変や再生不良性貧血なども血小板が減少します。血小板が減少するのは血栓性血小板減少性紫斑病の他にどのような病気があるものなのか、血小板が減少するとどのような症状があらわれるものなのか、血栓性血小板減少性紫斑病に効果的な漢方薬はあるものなのか...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病の禁忌とは

血栓性血小板減少性紫斑病には禁忌なことがあり、血小板輸血をすることです。血栓性血小板減少性紫斑病に禁忌な血小板輸血はなぜしてはいけないのか、血栓性血小板減少性紫斑病の血漿交換はどのようにするのがベストな方法なのか、投薬する上で血栓性血小板減少性紫斑病にリスク因子になるものとは、などを紹介したいと思い...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病の経過

血栓性血小板減少性紫斑病はどのような経過を辿っていくのか、先天的なものと後天的な血栓性血小板減少性紫斑病で内容が変わってきます。先天性の血栓性血小板減少性紫斑病はどのような経過を辿るのか、後天性の血栓性血小板減少性紫斑病はどのような経過をたどるのか、血栓性血小板減少性紫斑病は自然経過で治癒することは...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病と血管炎

血栓性血小板減少性紫斑病と同じ紫斑病の中でヘノッホ・シェーンライン紫斑病は血管炎の一つです。血管炎は血栓性血小板減少性紫斑病のように紫斑病が出るものなのか、ヘノッホ・シェーンラインとはどのような血管炎の病気なのか、ヘノッホ・シェーンラインは他にどのような名前で呼ばれているのか、などを紹介したいと思い...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病は後天性なのか

血栓性血小板減少性紫斑病のほとんどは後天性のものであると言われています。中には先天性の血栓性血小板減少性紫斑病もありますが数少ないです。後天性の血栓性血小板減少性紫斑病はどのくらいの年齢層に多いものなのか、血栓性血小板減少性紫斑病の後天性の治療方法はどのようなものなのか、後天性の血栓性血小板減少性紫...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病と骨髄

血栓性血小板減少性紫斑病を発症しているかどうかを判断する時に骨髄穿刺をすることがあります。血栓性血小板減少性紫斑病は骨髄穿刺の検査をするものなのか、血栓性血小板減少性紫斑病はどのような検査を行うのか、血栓性血小板減少性紫斑病はどのような症状が出てくるのか、などを紹介したいと思います。血栓性血小板減少...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病の再発

血栓性血小板減少性紫斑病はなかなか繰り返し起こり慢性型になったりすることもあり、良くなったと思ったら再発するケースもあります。血栓性血小板減少性紫斑病は再発することはあるものなのか、後天性の血栓性血小板減少性紫斑病に有効な血漿交換をしても再発はあるのか、血栓性血小板減少性紫斑病で人工透析を受けなけれ...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病と出血

血栓性血小板減少性紫斑病は血小板が減少することで出血しやすくなる病気です。血栓性血小板減少性紫斑病は発症するとどのようなところから出血してしまうものなのか、血栓性血小板減少性紫斑病は出血の他にどのような症状がでるものなのか、血栓性血小板減少性紫斑病は何と呼ばれているのか、などを紹介したいと思います。...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病とステロイド

血栓性血小板減少性紫斑病はステロイドを使用して治療していくことがあります。血栓性血小板減少性紫斑病でステロイドを使用する時とはどのような時なのか、血栓性血小板減少性紫斑病の症状によって程度を分けることはできるのか、血栓性血小板減少性紫斑病でステロイドを使用した場合副作用はあるのか、などを紹介したいと...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病と精神症状

血栓性血小板減少性紫斑病を発症すると精神症状があらわれることがあります。血栓性血小板減少性紫斑病で精神症状があらわれるとはどのような事なのか、血栓性血小板減少性紫斑病は5つの症状が揃うのが代表的と言われていますがどのような症状が出るのか、血栓性血小板減少性紫斑病になったら毎日の生活で気を付けなければ...

≫続きを読む

血栓性血小板減少性紫斑病の退院指導

血栓性血小板減少性紫斑病はとても難しい病気ですので、退院できることがあっても退院指導をきちんと受ける必要があります。血栓性血小板減少性紫斑病で病院から退院する場合、どのような退院指導を受けるのか、血栓性血小板減少性紫斑病は完治する病気なのか、血栓性血小板減少性紫斑病で飲んではいけない薬などはあるのか...

≫続きを読む

スポンサーリンク