特発性血小板減少性紫斑病

特発性血小板減少性紫斑病

特発性血小板減少性紫斑病について

特発性血小板減少性紫斑病についての記事一覧になります。

特発性血小板減少性紫斑病記事一覧

特発性血小板減少性紫斑病の症状

特発性血小板減少性紫斑病(Idiopathic thrombocytopenic purpura:ITP)は、血小板の減少をきたす他の明らかな病気や薬剤の服薬がなく血小板数が減少して出血しやすくなる病気です。体の各部で出血の危険が高まる病気で、国が指定する難病の対象になっています。血小板の減少が引き...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病の検査

特発性血小板減少性紫斑病(ITP)は何らかの原因で血小板が減少し、血が止まらなくなる病気です。検査はまず、末梢血液検査が行われます。場合によっては骨髄検査を行い、骨髄で血球がつくられているのかやその形に異常がないのかについて調べます。ITPでの血小板の数は10万個/ul以下で、基準範囲の14〜38万...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病の治療方法

特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の発症原理は、自己抗体という自分自身の血小板を破壊する抗体(ここでは血小板抗体のことです)が血小板に結合して脾臓という臓器に取り込まれることです。自己抗体が結合した血小板は脾臓の中でマクロファージという免疫担当細胞に破壊されてしまいます。また、自己抗体は骨髄での血小...

≫続きを読む

小児の特発性血小板減少性紫斑病

特発性血小板減少性紫斑病(ITP)は血小板に対する自己抗体(自分自身の必要な細胞を排除してしまうもの)がつくられることで、脾臓の中で血小板が破壊されて出血しやすくなる自己免疫性疾患です。また、血小板の破壊だけではなく、自己抗体が骨髄でつくられる血小板の産生を抑制することも明らかにされています。厚生労...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病は完治するのか

突発性血小板減少性紫斑病について原因となる他の病気があるわけではないのに、血小板が減ってしまい紫斑(赤い斑点など)が出来る状態です。血小板の減少を伴う病気はいろいろとあるので、それらの病気が原因でないという事が確認できた段階で、この病気であると診断されるために、様々な診察や検査が必要になります。突発...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病の看護

突発性血小板減少紫斑病の看護について免疫学的機序により、血小板が破壊され、血小板減少をきたすもので血清中のlgGが拘置を示します。骨髄では巨核数が正常もしくは増加し、血小板の生成のみられないタイプで巨核球がほとんどを占めます。6か月未満で治癒する急性型、6か月以上の治癒を必要とする慢性型に分けられま...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病の治療薬

突発性血小板減少性紫斑病の治療について突発性血小板減少紫斑病の患者さんの場合、出血症状であったり、血小板の数であったり、個人個人のライフスタイルに応じた治療というものが考慮されます。治療の目標としては、血小板の数値目標をまず設定して、少なくとも3万/μL以上に維持できるように維持するというのは一つの...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病の原因

突発性血小板減少紫斑病の原因突発性血小板減少性紫斑病とは、明らかな基礎疾患や原因の薬剤の関与がないのにも関わらず、血漿画板の数が減少し、出血少女を引き起こす病気です。血小板以外の赤血球や白血球の数値に異常が見られないというのも特徴です。急性型は2歳〜5歳に多く起こり、男女比がありません。感染の原因と...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病の治療ガイドライン

特発性血小板減少性紫斑病は原因不明で難治性の疾患として認定されています。特発性血小板減少性紫斑病の治療ガイドラインとはどのようなものなのか、特発性血小板減少性紫斑病の症状とはどのようなものなのか、発症率と男女比率はどのようなものなのかなどを紹介したいと思います。特発性血小板減少性紫斑病の治療ガイドラ...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病の重症度の基準

特発性血小板減少性紫斑病は比較的軽症な部類から重症なケースまであります。特発性血小板減少性紫斑病の重症度の基準とはどのように決められているものなのか、特発性血小板減少性紫斑病に似ている血小板減少する病気は他にどのような病気があるものなのか、急性と慢性はどこで識別するものなのか、などを紹介したいと思い...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病の再発

特発性血小板減少性紫斑病は免疫が必要である血小板を異物としてとらえてしまい、血小板に対して自己抗体を作り血小板を壊してしまう病気と言われていますが、発症してしまうと再発してしまうことはあるのか、治療として効果的なことはあるものなのか、漢方薬などは効果があるのか、などを紹介したいと思います。特発性血小...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病の診断基準

特発性血小板減少性紫斑病は診断基準というものがあります。具体的にどのようになっているものなのか、成人における慢性型の診断基準とはどのような基準なのか、検査で注意するものがあるとするならばどのような項目なのか、などを紹介したいと思います。特発性血小板減少性紫斑病の診断基準について診断基準は、旧厚生省の...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病と妊娠・出産

特発性血小板減少性紫斑病で妊娠・出産について、出産できないことはありませんが、留意しなければならない点は色々あります。どのような点を留意しなければならないのか、子供への影響はあるものなのか、特発性血小板減少性紫斑病は遺伝するものなのか、などを紹介したいと思います。特発性血小板減少性紫斑病の妊娠・出産...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病とピロリ菌

特発性血小板減少性紫斑病は血小板の数が減少する血液疾患ですが、ピロリ菌を除菌療法することで血小板の数が回復するとも言われています。ピロリ菌の除去療法はどのような方法なのか、他に療法があるとするならばどのような療法があるのか、なぜピロリ菌の除菌療法は有効であると考えられているのかなどを紹介したいと思い...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病の死亡率

特発性血小板減少性紫斑病は血小板が減少する病気で、最悪死に至ることがあるとも言われている病気ですが、どのような時に死に至ることがあるのか死亡率はどのくらいなのか、どのような人が死亡率が高くなるのか、症状はどのようなものなのかなどを紹介したいと思います。特発性血小板減少性紫斑病の死亡率について特発性血...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病と脾臓摘出

特発性血小板減少性紫斑病は血小板の数が減少する病気で、出血などが多くなりますが、治療方法としていくつか方法があります。一つはヘリコバクターピロリを除菌療法があり、もう一つは脾臓摘出する方法があります。ヘリコバクターピロリを除菌療法はどんな場合に行うものなのか、また脾臓摘出する場合にはどんな場合なのか...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病と入院

特発性血小板減少性紫斑病は血小板の数が少なくなると非常に危険な病気ですが、通常基準値として15万から40万/μほどなければならない血小板数が2万/μ以下になっているようだと、緊急入院になる場合があります。さらに数値が1万/μ以下になると脳や消化器官などから出血する場合がありさらに危険な状態になってい...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病の予後

特発性血小板減少性紫斑病は免疫異常の為に血小板が減少してしまう病気です。ステロイドを使用しての治療やピロリ菌の除菌療法での治療、脾臓摘出などの治療方法がありますが、大人の特発性血小板減少性紫斑病の予後はどのようになっていくものなのか、小児の特発性血小板減少性紫斑病での予後はどのようになっていくのか、...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病とステロイド

特発性血小板減少性紫斑病の治療にはステロイドを使用することがあります。ステロイドを使用する治療とはどのようなものなのか、ステロイドにはどのような副作用があるものなのか、ステロイドを長期使用するとどのような状態になるものなのか、などを紹介したいと思います。特発性血小板減少性紫斑病でのステロイド治療につ...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病とアレルギー

アレルギーとは、体の中に異物が入ることで免疫反応を起こすことを言います。特発性血小板減少性紫斑病もアレルギーの一種であり、U型アレルギーに分類されます。アレルギーは全部で4種類に分類されますがT型U型のアレルギーはどのようなもので、V型アレルギーとはどのようなアレルギーか、W型アレルギーはどのような...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病の合併症

特発性血小板減少性紫斑病は血小板が減ることで出血しやすくなったり、紫斑などが出たりする病気です。全ての人に紫斑が出るというわけではなく、紫斑が出ない時もあるようです。特発性血小板減少性紫斑病の治療をしていると起こる合併症とはどのようなものなのか、脾臓摘出する患者さんはどの程度いるものなのか、病気に気...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病とインフルエンザ

インフルエンザなどの感染症などで特発性血小板減少性紫斑病の症状である血小板減少が起こることがあります。インフルエンザやその他どんな時に血小板が減ることがあるのか、血小板減少の定義とはどのようなものか、他に血小板減少での疾患があるとするならばどんな事なのか、というような事を紹介したいと思います。特発性...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病と白血病

特発性血小板減少性紫斑病も白血病も血小板の数が少なくなる病気です。特発性血小板減少性紫斑病を発症した場合まずどのような病気を疑うのか、特発性血小板減少性紫斑病と白血病の似ている症状はどんなところなのか、日常生活で気を付けることはどんなことなのかなどを紹介したいと思います。特発性血小板減少性紫斑病と似...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病に効く漢方薬

特発性血小板減少性紫斑病は自己免疫疾患ですが、漢方薬が効果的に効く場合があります。どのような漢方薬が特発性血小板減少性紫斑病に効果的なのか、漢方で効くものはどれなのか、漢方薬を飲む場合に気を付けることはどんなことなのか、などを紹介したいと思います。特発性血小板減少性紫斑病と漢方薬について特発性血小板...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病と血小板輸血

特発性血小板減少性紫斑病で様々な方法の治療を試してもなかなか血小板の数値が増えなかったり、全身からの出血傾向が強かったり、血小板が急激に少なくなっているような場合には血小板輸血やガンマグロブリン大量療法が行われることがあります。どのような時に血小板輸血などを行うのか、血小板輸血で気を付けることとは何...

≫続きを読む

特発性血小板減少性紫斑病と生理

特発性血小板減少性紫斑病を発病した女性は、血小板が減少することで血が止まりにくくなり、生理の量が多くなったりすることがあります。生理の量が多くなって止まらなくなってしまった時にはどうすればよいのか、特発性血小板減少性紫斑病は女性に多い病気なのか、特発性血小板減少性紫斑病で出産は出来るものなのかなどを...

≫続きを読む

スポンサーリンク