アレルギー性紫斑病

アレルギー性紫斑病

アレルギー性紫斑病について

アレルギー性紫斑病についての記事一覧になります。

アレルギー性紫斑病記事一覧

アレルギー性紫斑病の症状

四肢末梢に生じる紫斑に加えて、発疹やむくみ(浮腫)などの症状が現れます。ここでは付随症状についても紹介したいと思います。血小板減少性紫斑病とは異なり、触れてみると盛り上がっていることがわかる紫斑が出来ます。体や顔ではなく四肢末梢や関節付近の皮膚に多く紫斑が出来ます。局所的にむくみができます、専門的に...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病の原因

詳細な原因は未だ不明とされていることが多いです。本疾患がA型β溶血性連鎖球菌(group A streptococcus: GAS)感染症に続発することIgAを含んだ免疫複合体と補体が糸球体血管壁に沈着していること皮膚毛細血管において好中球の湿潤が見られること紫斑部位で好中球破砕性血管炎が見られるこ...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病の検査

アレルギー性紫斑病の1つであるIgA紫斑病は小児で最も頻度の高い血管炎です。罹患した小児の半数が腎炎を併発しますが、末期腎不全に至ることは少ないです。しかしながら成人の場合は、罹患者の約8割が腎炎を併発して腎不全に進行するため注意が必要になります。検査項目検査項目は尿検査、血液検査、皮膚病理検査、腎...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病の診断基準

IgA紫斑病はアレルギー性紫斑病の代表です。その診断基準について、アメリカリウマチ学会のガイドラインを参照すると、次の4項目のうち2項目以上の該当でIgA紫斑病と診断します。1.触知可能な紫斑があることまずは、紫斑かどうかを確認する必要があります。紫斑は圧迫してもその色が保持されます。ちなみに紅斑の...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病の治療方法

アレルギー性紫斑病は微生物の感染に続いて発症します。まず、病原体に対して抗生物質や抗ウイルス薬などの適切な薬剤による治療が必要です。また、食物や薬剤などの原因が明らかな場合は、その原因物質を避けます。発症後の症状は、触れることのできる紫斑と腹痛や下痢、血尿や蛋白尿をはじめとする腎症です。加えて関節痛...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と紫斑病性腎炎

アレルギー性紫斑病アレルギー性紫斑病は体内の小さな血管が障害される病気で、血管壁にIgAという免疫グロブリンが沈着するタイプの血管炎の1つです。アレルギー性紫斑病は小児の血管炎としては川崎病に次いで多い疾患で、紫斑病性腎炎を併発します。ヘノッホ・シェーンライン(Henoch-Schonlein)紫斑...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病は再発するのか

アレルギー性紫斑病とは、アレルギーの発症メカニズムにより血管が障害をうけて、四肢末梢に紫斑を主とした様々な症状を呈する病気です。好発年齢は4~7歳で性差は見られません。四肢末梢に生じる紫斑に加えて、発疹やむくみ(浮腫)などの症状が現れます。また、関節が痛くなることもあります。これは小児によく見られる...

≫続きを読む

小児のアレルギー性紫斑病

小児アレルギー紫斑病の原因全身の細い血管(毛細血管)がアレルギーを起こしてしまうために、炎症を起こしてしまうというものです。急に血管がもろくなってしまうために、出血しやすくなります。この病気の別名としてシェーンライン・ヘノッホ紫斑病、血管性紫斑病とも呼ばれています。病気の初期症状としては、風邪などの...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病の看護

アレルギー性紫斑病の原因と治療についてアレルギー紫斑病についてですが、ウイルスや細菌戦干渉や、予防接種(インフルエンザワクチンの副反応と添付文章にも記載があります。また、食物アレルギーや薬剤アレルギーがきっかけで、身体の細い血管である毛細血管から血液が漏れ出して紫斑となる赤い斑点や赤紫色の痣や関節痛...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病の予後

アレルギー紫斑病の割合かなり頻繁にみられる病気というわけではありませんが、5歳〜15歳の小児に起こる全身性血管炎の中では最も多い病気になります。男児と女児の割合を比較してみると、男児の方が多く、男児:女児=2:1の割合となっています。ヨーロッパや北半球は冬に多く発症をしますが、春や秋に発症するケース...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と運動制限

アレルギー紫斑病と運動制限について発症年齢が5歳〜15歳という事を考えると幼稚園や小学生という時期で、運動の時間や休憩時間に外で遊ぶといったケースもあるはずです。当然、病気が発症した急性期に関しては、運動制限が必要になります。しかし、一度治ってしまえば特に運動制限をするという必要はありません。運動制...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病による腹痛

アレルギー性紫斑病による腹痛アレルギー性紫斑病による病気の特徴としては下半身か臀部を中心とした紫斑(発心)や腹痛、浮腫、腎炎、関節痛といったものが上げらえます。腹痛が起こる原因としては、腸管の血管透過性が高まるために、腸管の壁が浮腫してしまう事が腹痛の主な原因と考えられています。かなりの腹痛で激痛と...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と関節痛

アレルギー性紫斑病と関節痛についてアレルギー性紫斑病の関節痛は特に下肢の関節痛がみ現れますが、その中でも膝の関節痛が多くみられます。しかし関節炎とは異なり関節が貼れるという事は少ないと言われていますが、実際に関節が張れてしまうというケースもあります。しかし、関節の変形は起こりません。関節痛が起こるメ...

≫続きを読む

小児のアレルギー性紫斑病の再発

小児のアレルギー性紫斑病ですが、だいたい4才くらいから7才くらいの男児に発症しやすいと言われています。症状としては紫斑が出るのとともに、発疹やむくみ、腹痛や関節痛が出る場合もあります。小児のアレルギー性紫斑病は再発することがあるのかということや、併発する紫斑病性腎炎とはどのような病気なのか、なってし...

≫続きを読む

大人のアレルギー性紫斑病の症状

大人のアレルギー性紫斑病は子供よりも数少なく症例が少ないと言われていて、症状も重くなる傾向があるようです。アレルギー性紫斑病だけでなく紫斑病性腎炎になる可能性が高いと言われていますが、大人のアレルギー性紫斑病の症状はどんな症状が出るのか、紫斑病性腎炎とはどのような病気なのか、どのような事に気を付けて...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病の治療ガイドライン

アレルギー性紫斑病の治療ガイドラインでは、アレルギー性紫斑病の代表はIgA紫斑病となっており、アメリカリウマチ学会のガイドラインでは、紫斑があるかどうかということ、発症年齢が20歳以下であるということ、腹痛と血が混合した下痢があるということ、生検で異常があると診断されること、これらの中の2項目以上が...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病で安静が必要な理由

アレルギー性紫斑病にかかると出来るだけ安静にしていることが治るための近道と言われていますが、子供がアレルギー性紫斑病になるとなかなか動くのを制限するのは難しいこともあるでしょう。逆に大人でアレルギー性紫斑病になった場合、安静にしておかなければならないものの仕事などがありなかなか実行できないということ...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病は完治するのか

アレルギー性紫斑病は紫斑が出たり、腹痛や関節痛が出ることがありますが、これといった特効薬もないため治療方法が難しく完治するのか?と思う事もあるかと思いますが、多くの場合は数カ月でよくなると言われています。しかしなかなか完治しない場合のアレルギー性紫斑病もありそのような紫斑病はどんなものなのか、再発す...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病の薬

アレルギー性紫斑病はこれといった特効薬がない病気です。安静にすることが治癒につながると言われています。しかし入院するほどの症状があるというような場合には、薬を使用する場合があります。アレルギー性紫斑病で薬を使用する場合はどんな時なのか、また薬はどのような薬を使用するのか、薬を服用する際に気を付けるこ...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と入院

アレルギー性紫斑病にかかってしまった場合、症状が重い場合には入院が必要な時があります。どのような症状の時に入院が必要になるのか、アレルギー性紫斑病で入院するとどのくらいの入院期間が必要なのか、入院費はどのくらいかかるのかなどを紹介したいと思います。アレルギー性紫斑病で入院する場合の症状についてアレル...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と食事

アレルギー性紫斑病にかかった場合、腎臓に異常が起こったり、血便や血尿などが出たり、腹痛がひどいなどの入院治療が必要になるような場合には、食事が制限されることもあります。腎臓に異常があった場合などにはどのような食事制限があるものなのかということや、食事を摂れないくらい酷い時にはどのような対応をするのか...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病のかゆみ・湿疹

アレルギー性紫斑病を発症すると、かゆみや湿疹が出たり、蕁麻疹が現れることもあります。症状は数カ月続くことが多く、個人差があるため完治するまでに時間がかかる場合もあります。湿疹などが出た場合にはどう対処した方が良いのか、どのような部位にかゆみが出るとこが多いのか、紫斑はかゆみがあるものなのかなどを紹介...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病とステロイド

アレルギー性紫斑病の症状がある場合にはステロイドを使用して症状を治める場合があります。どのような時にステロイドが使用されるのか、ステロイドの副作用があるとするならばどんな副作用があるのか、ステロイドを使用する期間は決められているのか、などを紹介したいと思います。アレルギー性紫斑病の症状でステロイドを...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病は感染するのか

アレルギー性紫斑病は紫斑が出るため、うつるのかどうか気になるところですが、血管が破れてあざとなって見えるだけなので血液の病気といえます。ですから皮膚の病気ではないため、感染することはありません。どのようなところで紫斑病と判断すればいいものなのか、どんな病気が引き金になるのか、アレルギー性紫斑病が感染...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と血便・血尿

アレルギー性紫斑病は紫斑の症状が出るとともに、関節の痛みや腹痛などの症状が出る場合があります。腹痛がひどい場合には、嘔吐下痢などの症状が出たり、消化管出血が起こると、血便や血尿が出たりすることもあります。血便や血尿が出た場合にはどのようにしたら良いのか、どんな病気があり、どのような治療法があるものな...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と溶連菌感染症

アレルギー性紫斑病を発症した場合、発症のきっかけには溶連菌感染症にかかったことがあるという場合が考えられます。アレルギー性紫斑病は免疫異常で発症することがあるため、考えられるのです。溶連菌感染症とはどのような病気なのか、溶連菌感染症にかかった後アレルギー性紫斑病が発症するまでの期間はどのくらいなのか...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と足の痛み

アレルギー性紫斑病にはいくつもの症状が出る場合がありますが、足に痛みが出る症状がある場合があります。足の痛みはずっと持続して出るものなのか、他に症状があるとしたらどんな症状があるものなのか、検査などはどのような検査などがあるのか、などを紹介したいと思います。アレルギー性紫斑病の足の痛みについてアレル...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と頭痛

アレルギー性紫斑病を発症するといろいろな症状が起こります。中には全身症状として頭痛なども起こる場合があります。アレルギー性紫斑病はさまざまの症状がありますが、どのような症状が他にはあるものなのか、主な症状の紫斑はどのような場所に現れやすいのか、アレルギー性紫斑病の名前の他にも紫斑病がある理由とは、な...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と嘔吐

アレルギー性紫斑病の症状として嘔吐する場合があります。腹痛の強い痛みで嘔吐を伴うことがあるようです。嘔吐するような場合の腹痛にはどのような症状があるものなのか、関節症状での症状はどのような症状があるものなのか、浮腫が出るとしたらどのような場所なのかなどを紹介したいと思います。アレルギー性紫斑病の嘔吐...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病に効く漢方薬

アレルギー性紫斑病は特効薬がないといわれていますが、漢方薬がとても効果的なことがあります。具体的にはどのような漢方薬が効果があると言われているのか、漢方薬のどのような効能が効果的なのか、漢方をしようするにあたって、気を付けなければならないのはどんな点なのかを紹介したいと思います。アレルギー性紫斑病に...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病の尿検査

アレルギー性紫斑病の尿検査出する場合には、アレルギー性紫斑病とともに腎臓の機能が低下して紫斑病性腎炎を併発しているような際に、尿検査をするようです。尿検査とはどのくらいの頻度で行うものなのか、紫斑病性腎炎とはどのような病気なのか、紫斑病性腎炎はどのくらいの人に認められるものなのかなどを紹介したいと思...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と予防接種

アレルギー性紫斑病はいろいろな免疫の病気から引き起こされることがあると言われている疾患です。また風邪などをひきやすくなる秋ごろから冬にかけて特に注意する必要があります。子供の場合予防接種をすることが多いですが、アレルギー性紫斑病にかかってしまった場合には予防接種をして良いものなのか、アレルギー性紫斑...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病の合併症

アレルギー性紫斑病は他に合併症にかかってしまうことがあります。例えば腸重積症などの合併症はどのような病気なのか、合併症である紫斑病性腎炎とはどのような病気なのか、合併症予防のためにどのような対策が必要なのか、などを紹介したいと思います。アレルギー性紫斑病の合併症、腸重積症についてアレルギー性紫斑病に...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と発熱

アレルギー性紫斑病の症状として紫斑が出たり、腹痛や関節痛が出ることが多いと言われていますが、初期の段階では発熱などの症状が出ることがあります。どのくらいの人に風邪などの感染が先行であるものなのか、アレルギー性紫斑病を発症するまでにはどのくらいの期間があるものなのか、発症率はどのくらいなのかなどを紹介...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と保育園

子供がアレルギー性紫斑病にかかった場合には学校や保育園などには体調が悪くない限り通うことが出来ます。アレルギー性紫斑病はうつる病気ではないからです。どのような症状ならば保育園に通えるのか、どのような症状があると通えないのか、アレルギー性紫斑病にかかっている子供が保育園などに通う時に気を付けることなど...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と鼻血

アレルギー性紫斑病は血管から出血することで、紫斑が出たりする病気ですが、鼻血などが出ることもあります。鼻血が出た場合にはどうしたら良いのか、他に考えられる病名の特発性血小板減少性紫斑病とはどのような病気なのか、症状はどんなものがあるのか、などを紹介したいと思います。アレルギー性紫斑病で鼻血が出た時ア...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病で紫斑のみの症状

アレルギー性紫斑病で紫斑のみの症状だけという場合があります。一般的にアレルギー性紫斑病は、腹痛や関節痛などの症状が共にあらわれることがありますが、紫斑のみということもあるでしょう。そのような場合にはどのような対処をしていいものなのか、紫斑はどのような場所に出ることが多いものなのか、どのくらいの期間で...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と遺伝

アレルギー性紫斑病は皮膚に紫斑の症状が出るため、感染するの?とか遺伝するの?とか思われがちですが、出血することによって紫斑も出たりするため、感染することはありませんし、遺伝してなるというものでもないようです。なぜ遺伝はしないと考えられているのか、出血性で遺伝するような病気があるとしたらどんなものなの...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病の顔への影響

アレルギー性紫斑病は紫斑が出る症状が一般的ですが、顔などにも症状が出ることがあります。顔の症状はどのようになっていくものなのか、アレルギー性紫斑病で薬などを飲むと影響はあるものなのか、他に影響があるとしたら合併症はどのようなものがあるのかなどを紹介したいと思います。アレルギー性紫斑病の顔の影響につい...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病とストレスの影響

アレルギー性紫斑病はうつる病気ではありませんが、どうしても紫斑などが出てしまう症状があるため、ストレスがたまってしまうということが考えられます。アレルギー性紫斑病でストレスはどんな影響を及ぼすのか、他の症状で影響がある症状とはどんなものなのか、どのような対処法があるのかなどを紹介したいと思います。ア...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病の退院指導

アレルギー性紫斑病で入院治療した時には退院する時に指導が行われる場合があります。退院指導とは具体的にどのような指導が行われるものなのか、あまり指導がない場合にはどうしたらよいものか、退院後はどのようにしたら良いのか、などを紹介したいと思います。アレルギー性紫斑病の退院指導についてアレルギー性紫斑病で...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病とむくみ

アレルギー性紫斑病にはいろいろな症状が出ることがありますが、むくみ(浮腫)の症状が現れることがあります。ひどい時には足がむくんで歩けないというような症状が出てしまうようなこともあります。どうしてむくみが出ることがあるのか、手足のむくみが起こった場合に考えられることとは、むくみが起こりやすい場所はどん...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病が軽症の場合

アレルギー性紫斑病は軽症から重症までそれぞれ人によって症状は違ってきます。軽症とはどのような症状なのか、軽症の場合にはどのくらいで快方にむかうことが多いのか、どのような症状が入院治療となるのか、などを紹介したいと思います。アレルギー性紫斑病の軽症とはどのような症状なのかアレルギー性紫斑病にはさまざま...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病の症状の経過

アレルギー性紫斑病の症状は様々ありますが、時間の経過とともに新たに出てくるような症状などもあります。どういった症状が経過とともにあらわれることがあるものなのか、なかなか紫斑と確定されないような時はどんな時なのか、子供の場合どの科で診察を受けた方がいいのか、などを紹介したいと思います。アレルギー性紫斑...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と虫刺され

アレルギー性紫斑病は発症する前に、風邪の症状があったり、溶連菌感染症などの感染症などの症状があってそれが原因でアレルギー性紫斑病を発症することがあると言われています。また虫に刺されたことによってアレルギー性紫斑病に感染したという事もあります。虫刺されした後にどんなことに気を付けた方が良いのか、他に原...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病とお風呂

アレルギー性紫斑病を発症しても特にお風呂に入っていけないなどということはないようですが、お風呂あがりには普通の時にも蕁麻疹が出やすかったりする事があるものです。アレルギー性紫斑病で入浴する時に気を付けた方がいいことや、お風呂の後に痛みなどが出る時にはどうしたら良いのか、アレルギー性紫斑病は運動などは...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と腸重積

アレルギー性紫斑病は症状としていろいろ出ることがありますが、合併症に腸重積という病気があります。どうしてこの病気が起こるのかというのは良く分からないようですが、この腸重積とはどのような病気なのか、どのような症状なのか、どのような治療方法をするのか、などを紹介したいと思います。アレルギー性紫斑病と腸重...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と浮腫

アレルギー性紫斑病になるとさまざまな症状が現れますが、浮腫すなわちむくみが出ることがあります。浮腫はどのようなところに出ることが多いのか、ただの浮腫とアレルギー性紫斑病の浮腫との違いがあるとしたらどのようなところなのか、アレルギー性紫斑病が多くなる時期というのはあるものなのかなどを紹介したいと思いま...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病が発症する確率

アレルギー性紫斑病は小児に多い病気の血管炎です。どのくらいの確率で発症するのかというと年間10万人あたりでだいたい10人から20人くらいと言われているので、1万人に1人の発症率です。どのような人が発症しやすいのか、気を付けなければならないことはどんなことなのか、繰り返して発症することはあるのかなどを...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病の人は歩けないのか

アレルギー性紫斑病にかかるといろいろな症状が出ることがありますが、歩けないというようなことになることもあるようです。それはどんな時に歩けないような状態になるのか、何か治療方法はあるものなのか、入院するとしたらどのくらいの期間になるのか、などを紹介したいと思います。アレルギー性紫斑病で歩けない時アレル...

≫続きを読む

小児のアレルギー性紫斑病と看護

アレルギー性紫斑病は小児がなりやすく15歳以下でみられる病気ですが、自分で症状などをきちんと言えないこともあるため看護は念入りに行う必要があります。アレルギー性紫斑病の看護は小児の場合どのようにしていくべきなのか、アレルギー性紫斑病はどのような症状が具体的にあらわれるものなのか、アレルギー性紫斑病は...

≫続きを読む

小児のアレルギー性紫斑病の治療

アレルギー性紫斑病は小児がかかる紫斑病ですが、特効薬がこれといってあるわけではないため、治療が確立されているわけではありません。アレルギー性紫斑病はどうやって治療していくのか、アレルギー性紫斑病はどのような症状が出るのか、アレルギー性紫斑病は小児の何歳くらいに多く発症するのか、などを紹介したいと思い...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病の看護計画

アレルギー性紫斑病は小児の紫斑病なので看護計画はきちんとたてて行うことが望ましいとされています。小児が多いアレルギー性紫斑病の看護計画はどのように立てたら良いものか、アレルギー性紫斑病の小児の看護で気を付けなければならない事とはどのような事か、アレルギー性紫斑病で併発することがある病気で怖いのはどの...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と難病指定

紫斑病の中には難病指定されている紫斑病もありますが、すべての紫斑病が難病であるとは限りません。アレルギー性紫斑病は難病指定されているものなのか、アレルギー性紫斑病以外で難病指定されている紫斑病はどのようなものがあるのか、紫斑病で難病指定されるとどのような助成を受けることが出来るのか、などを紹介したい...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と腎臓

アレルギー性紫斑病に伴って引き起こされることがある病気として、紫斑病性腎炎があります。紫斑病性腎炎になってしまったらどのような治療をしていくものなのか、アレルギー性紫斑病から紫斑病性腎炎を併発した場合入院は必要になるのか、年齢によって紫斑病性腎炎の治りは変わってくるものなのか、などを紹介したいと思い...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と保険

アレルギー性紫斑病があると保険に入れないと思われがちですが、中には持病があっても入れる保険もあるようです。アレルギー性紫斑病があっても入ることが出来る保険とはどのようなものなのか、アレルギー性紫斑病で保険に入れなくても入れるようになることはあるのか、紫斑病で助成があるのはどのような紫斑病なのか、など...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と整体

整体はからだを調えてくれるものですが、整体でアレルギー性紫斑病を回復することが出来るとされているところがあるようです。整体でどのようにアレルギー性紫斑病を治していくものなのか、アレルギー性紫斑病は東洋医学は効果があるものなのか、アレルギー性紫斑病に効果的な漢方薬などはあるのか、などを紹介したいと思い...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病の悪化

アレルギー性紫斑病は気を付けて生活しないと悪化してしまうことがあります。小児に多いアレルギー性紫斑病はどのような時に悪化してしまうものなのか、アレルギー性紫斑病は良くなっても再発することはあるのか、アレルギー性紫斑病にかかる原因にはどのようなものがあるのか、などを紹介したいと思います。アレルギー性紫...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病とインフルエンザ

アレルギー性紫斑病は感染症などがきっかけになって発症することがあり、インフルエンザの予防接種などからアレルギー性紫斑病を発症してしまうこともあるようです。アレルギー性紫斑病にかかってしまったらインフルエンザなどの予防接種は受けない方がいいのか、インフルエンザの予防接種がきっかけでアレルギー性紫斑病を...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病の痛み

アレルギー性紫斑病は紫斑が出る症状が主になっていますが、痛みなどを伴うこともあります。アレルギー性紫斑病はどのような痛みを伴う症状が出るものなのか、アレルギー性紫斑病の症状は痛みの他にどのようなものがでるのか、アレルギー性紫斑病とただの腹痛と勘違いされることはあるのか、などを紹介したいと思います。ア...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と腕

アレルギー性紫斑病の症状の紫斑は腕や足にあらわれることが多いです。アレルギー性紫斑病の症状の紫斑は腕などの他にどの部分に出ることが多いのか、アレルギー性紫斑病で紫斑のみということはあるのか、アレルギー性紫斑病で紫斑が出ている時には安静にしなければならない理由はどうしてか、などを紹介したいと思います。...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と内視鏡

腹痛などが起こり紫斑などが出ていない場合、アレルギー性紫斑病と診断が難しい時があります。そのような時には内視鏡などを使って検査をすることがあります。アレルギー性紫斑病がなかなか分からない場合内視鏡検査をすることはあるのか、アレルギー性紫斑病と疑ったらどのような検査をするものなのか、アレルギー性紫斑病...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病の急性期

アレルギー性紫斑病は急性期には安静にしていることが大切です。急性期のアレルギー性紫斑病はどのようにして生活する事が良いのか、アレルギー性紫斑病が重症になった場合にはどのような薬剤を使用することがあるのか、小児でアレルギー性紫斑病から紫斑病性腎炎を併発してしまった場合、医療費補助を受けることはできるも...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病を繰り返す場合

アレルギー性紫斑病は紫斑が出たり腹痛が起こったりする病気ですが、よくなったり悪くなったりを何度も繰り返してしまうことがあります。アレルギー性紫斑病は繰り返し症状が出てもよくなるものなのか、アレルギー性紫斑病は再発することはあるものなのか、アレルギー性紫斑病は完治するものなのか、などを紹介したいと思い...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と唇

唇に水膨れのようなものが出来るとウイルス性のものなので、アレルギー性紫斑病と間違えることもあるかもしれませんが、ヘルペスが原因となっていることが多いです。アレルギー性紫斑病もウイルスから発症することがあるものなのか、アレルギー性紫斑病は唇に症状がでることはあるのか、アレルギー性紫斑病は大人でもなるこ...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と車椅子

アレルギー性紫斑病になってしまったら、安静にしなければならなかったりする時や関節痛などがひどかったりするような場合には、車椅子を借りて移動するのも良いでしょう。学校などに通っている子供がアレルギー性紫斑病の場合には車椅子を借りて生活したほうが良いのか、アレルギー性紫斑病にかかる人はどのくらいいるもの...

≫続きを読む

アレルギー性紫斑病と薬疹

アレルギー性紫斑病は一見湿疹のように見えるため、薬疹と勘違いされることがありますが、毛細血管が破れることによって内出血が起こっているため、薬疹ではありません。アレルギー性紫斑病と薬疹を間違えないようにするにはどのように見分けたら良いのか、アレルギー性紫斑病の症状はすぐに治まるものなのか、アレルギー性...

≫続きを読む

スポンサーリンク