紫斑病の基礎知識

紫斑病の基礎知識

紫斑病の基礎知識について

紫斑病の基礎知識についての記事一覧になります。

紫斑病の基礎知識記事一覧

紫斑病の種類

特発性血小板減少性紫斑病(Idiopathic thrombocytopenic purpura, ITP)血小板は出血を止めるための細胞であるため、その減少は次に示す出血症状となり現われます。点状や斑状出血口腔粘膜出血鼻血血便血尿月経過多脳出血ITP(特発性血小板減少性紫斑病のことです)の患者さん...

≫続きを読む

紫斑病はストレスが原因となるのか

オルゴール療法は心身の恒常性を取り戻す健康法として実践されているものです。また、500を超える症例に優れた効果をもたらした実績があるようです。自律神経とホルモンの分泌を正常に調節することが本療法のメカニズムとしています。薬剤を使用せずにヒト本来の持つ自然治癒力を上げる療法で副作用がないのも利点です。...

≫続きを読む

子供・小児の紫斑病

紫斑病は簡単に言うと内出血が起こることであざが出来る病気です。あざは一つだけではなく、いくつも出来るのが特徴で、子供や小児も発症します。子供や小児で紫斑病というと最も多いのがアレルギー性紫斑病になります。別名血管性紫斑病とも呼ばれたり、ヘノッホ−シェーライン紫斑病などと呼ばれることもあります。子供や...

≫続きを読む

大人の紫斑病

紫斑病は子供がかかりやすいと思われがちですが、大人も紫斑病にかかることがあります。大人になって紫斑病にかかると完治まで時間がかかることが多く、再発することもあります。腎臓に炎症があるかの確認のために血液検査などをして確かめることが多いため、出来るだけ総合的に診察をしてくれる病院へ行った方が良いです。...

≫続きを読む

紫斑病と溶連菌

紫斑病は溶連菌感染症に感染することによって二次的な障害から起こることがあります。だいたい溶連菌感染症を発症して発熱してから3週間前後で起こることが多いです。溶連菌感染症で熱がおさまった後に紫斑などが出ることがあったり、腹痛や関節痛などが起こったら、紫斑病を疑うと良いでしょう。その場合紫斑病になるとど...

≫続きを読む

紫斑病は病院の何科を受診すべき?

紫斑病にかかった時にまず何科にかかれば良いのか?悩むこともあるでしょう。紫斑が出ることにより皮膚科と考える事も多いですが、紫斑病は腎臓疾患に異常をきたすこともある為、内科、皮膚科、小児科など総合的に治療が受けられる病院へいくのが良いです。しかし子供の場合はまず紫斑病なのかどうかということを判断しても...

≫続きを読む

紫斑病はうつるのか

紫斑病は皮下出血することで紫斑が出ます。一見皮膚に症状が出るため紫斑病はうつるもの?と思われることも多いですが、紫斑病は伝染病でも皮膚の病気でもないため感染しません。ではいったいうつると思われる紫斑病はどのような病気なのでしょうか、また紫斑病はいろいろな名前がありますがどのような種類があるのか、紫斑...

≫続きを読む

紫斑病は治るのか

紫斑病はこれといった特効薬がないために、一度かかるといつ治るのか不安になることもありますが、きちんと治る病気です。子供の紫斑病の場合どのくらいで完治するものなのか、大人が紫斑病になった場合治りはどうなのか、また紫斑病が再発するということはあるものなのかなどを紹介したいと思います。子供の紫斑病はどのく...

≫続きを読む

紫斑病と腎臓

紫斑病は血管性紫斑病ですが、紫斑病にかかった人のおよそ半分近くに腎臓病の疾患が見られ、紫斑病性腎炎にかかることがあります。かかってしまった場合には腎臓の治療もしていかなければならないですが、中には腎不全を起こしてしまう人も稀にいます。紫斑病にかかり腎炎になってしまう場合には、どのような症状が現れ、ま...

≫続きを読む

紫斑病が難病指定されている理由

紫斑病は難病指定されていますがすべての紫斑病が難病指定というわけではありません。アレルギー性紫斑病は特定疾患などではないので補助はありませんが、紫斑病腎炎になると難病指定になり補助などが受けられます。子供も紫斑病腎炎は小児慢性特定疾病の対象となるので医療費が助成されます。なぜ紫斑病は難病指定されるの...

≫続きを読む

輸血後の紫斑病

輸血後の紫斑病とは輸血をすることによって、副作用として紫斑病が出ることがあるというものです。どのような理由で輸血後に紫斑病が出てしまうのか、また紫斑病としてどのような症状が出たりするものなのか、他に輸血することで症状などが出るとしたらどのようなものがあるのかなどを紹介したいと思います。輸血後の紫斑病...

≫続きを読む

紫斑病と13因子

紫斑病と13因子には大きな関係があると言われ、紫斑が出る以前からアレルギー性紫斑病になると13因子が低下するとも言われています。13因子というのはどんなものなのか、他にはどのような検査所見が現れることが多いのか、また強い腹痛などの症状には血液第13因子製剤が有効とも言われていますがどのようなものなの...

≫続きを読む

紫斑病とステロイド

紫斑病はこれといった特効薬がなく、病院での対処法としては安静にするということと、他にはステロイドを投与することがあります。このステロイドは非常に効果のある薬ですが、副作用なども考えられるものとされています。ステロイドの副作用があるとするならばどのようなものなのか、ステロイドを投与するとどのような作用...

≫続きを読む

紫斑病と遺伝の関係

紫斑病は、特に明らかな原因がない場合にも血小板減少が減少することで出血しやすくなる病気です。この病気は遺伝するのかどうかということや、血小板が減少するとどのような症状が現れるものなのか、急性の紫斑病と慢性の紫斑病の違いはどこにあるのか、などを説明したいと思います。紫斑病は遺伝するものなのか紫斑病は遺...

≫続きを読む

膠原病と紫斑病

膠原病と紫斑病は関係性があると言われている病気です。血管性の紫斑病は血管や血管の組織などが弱くなることにより起こる病気ですが、膠原病も血管に炎症が起き、紫斑が皮膚に現れることがあります。このような紫斑病は症候性血管性紫斑病と呼ばれますがどんな病気なのかということや、その他紫斑病を予防する方法などある...

≫続きを読む

肝紫斑病とは

肝紫斑病という病気は、肝臓紫斑病とも呼ばれる病気で、何も症状が出ない無症候性の疾患であり、肝臓の中に不規則に血液貯留腔が発生するものと言われています。簡単に言うと肝臓の一部に血液が溜まってしまう病気です。肝紫斑病はどのような症状がある病気なのか、またどんな時にどのように発見されることが多いのか、他に...

≫続きを読む

紫斑病とあざの違い

紫斑病と普通のあざとの違いですが、普通のあざでぶつけた時などに出来るものについては押すと痛かったりすることが多いです。いっぽう紫斑病のあざは内出血や皮下出血で出来るあざなので、痛みなどはない場合も多く、たくさん出来たり、なかなか治らないというような違いがあります。紫斑病のあざの特徴とはどのようなもの...

≫続きを読む

紫斑病を繰り返す場合

紫斑病は繰り返すことが多い病気で、すぐに完治せずよくなるまでに繰り返し症状が出ることがあると言われています。効果的なこれといった薬がない事も考えられますが、アレルギー性紫斑病の場合、特にその傾向が高く、発症した後にはしばらくしたら治るというよりは、症状を繰り返すことが多いようです。紫斑病の再発はどの...

≫続きを読む

紫斑病と整体治療

紫斑病は整体治療をすると良くなることがあると言われています。もちろん誰でも整体を受ければ治るとはいえませんが、回復する実績があるようです。紫斑病にかかっている人に整体治療とはどのように行われていくものなのか、紫斑病の人はどんな症状が出ているものなのか、回復までにかかる時間などについて紹介したいと思い...

≫続きを読む

紫斑病とアルコール

紫斑病は大人になってもかかることがある病気ですが、紫斑病にかかった場合には、アルコールやたばこなどはやめた方がいいようです。また激しい運動なども厳禁で、疲れなどから紫斑が再発することがあるため、出来るだけ安静できる生活をするように心がけることが大切です。アルコールやたばこはどうしてやめた方が良いのか...

≫続きを読む

紫斑病と皮膚科

紫斑病は難病指定を受けている病気ですが、自分が紫斑病かどうかは病院で診てもらわないとわからないです。では紫斑病とはどのような症状が出る病気なのか、紫斑病かもしれないと思った時には皮膚科に行くべきなのか、紫斑病は子供にも大人にもある病気なのか、などを紹介したいと思います。紫斑病はどのような症状が出る病...

≫続きを読む

紫斑病と関節痛

紫斑病はアザのような症状が出ることがありますが、他にも関節痛のような症状が出ることがあります。紫斑病にかかってしまうと関節痛のような症状が出ることはあるものなのか、紫斑病は運動などは控えなければならないものなのか、紫斑病はどのような種類があるものなのか、などを紹介したいと思います。紫斑病になってしま...

≫続きを読む

紫斑病による入院

紫斑病がひどくなってしまうと入院しなければならない事があります。紫斑病はどのような時に入院しなければならないものなのか、紫斑病と診断されてどのような状態であれば自宅で療養になるのか、紫斑病と診断された時に入院はどの程度するものなのか、などを紹介したいと思います。紫斑病はどのような時に入院しなければな...

≫続きを読む

紫斑病の看護

紫斑病の看護にはどのような看護が必要なのかというと、紫斑病にはさまざまな種類があるためその種類ごとによって看護の内容を把握しておく必要があるでしょう。アレルギー性紫斑病の看護はどのようにしていくものなのか、特発性血小板減少性紫斑病の看護はどのようにしていくものなのか、老人性紫斑病の看護はどのようにし...

≫続きを読む

紫斑病と血液検査

紫斑病になってしまったらまずは血液検査などをしてどのような原因があるのか、他に病気はないかどうかなどを調べていきます。紫斑病を疑っている際にはにはどのような血液検査をするものなのか、紫斑病の可能性がある場合血液検査以外の検査はどのようなものがあるのか、紫斑病は難病に指定されている病気なのかどうか、な...

≫続きを読む

紫斑病の薬

紫斑病になってしまったらそれぞれ症状に合わせて薬を飲んで治療していく必要があります。紫斑病になってしまったらどのような薬を使用して治療していくものなのか、紫斑病は保険治療できるものなのか、紫斑病はどのような事が原因で発症するのか、などを紹介したいと思います。紫斑病はどのような薬を使用して治療していく...

≫続きを読む

紫斑病と漢方

紫斑病の治療には、はっきりとこれをすると紫斑病が治るという特効薬はないと言われていますが、漢方を使用して治療して効果が出る場合があります。紫斑病に漢方を使用して効果的なものとはどのようなものなのか、紫斑病で漢方を使用する時に気を付けなければならない事とはどのような事なのか、紫斑病の紫斑を良くするため...

≫続きを読む

紫斑病の痛み

紫斑病になってしまった時には痛みが発生することがあります。どのような痛みが紫斑病になると発生するものなのか、紫斑病で痛みが出てしまった時にはどのようにした方が良いものなのか、紫斑病で痛みが出ていなくても運動などは避けた方が良いものなのか、などを紹介したいと思います。紫斑病になるとどのような痛みが発生...

≫続きを読む

紫斑病と妊娠

紫斑病は出血しやすくなる病気ですが、妊娠して出産することが可能な人と可能ではない人がいます。どのような人は紫斑病でも妊娠や出産が可能なのかどうか、特発性血小板減少性紫斑病の人は出産する時には帝王切開の方が良いのか自然分娩のほうがよいのか、特発性血小板減少性紫斑病の人が妊娠すると胎児に何か影響がでるこ...

≫続きを読む

紫斑病の再発

紫斑病は一度治ってもまた再発してしまうということが考えられる病気です。紫斑病はどのような際に再発することがあるのかどうか、紫斑病は一度良くなってもどのような合併症に気を付けなければならないのか、紫斑病が再発した場合どのようなことに気を付けなければならないのか、などを紹介したいと思います。紫斑病は再発...

≫続きを読む

紫斑病と腕

紫斑病になった場合アザのような出血の紫斑が出るのが一般的ですが、紫斑は全身に出るわけではありません。紫斑は体のどのような部位に出やすいものなのか、紫斑病で紫斑が出た後に起こりやすい事とはどのようなものなのか、単純性紫斑病はどのくらいの年代の人に多いのか、などを紹介したいと思います。紫斑病の紫斑はどの...

≫続きを読む

紫斑病とかゆみ

紫斑病の紫斑はかゆみが出ないものになりますが、紫斑が出る前に蕁麻疹が出たり、かゆみが現れることがあります。紫斑病で紫斑が出る前にかゆみなどが出たらどのように対処したらよいのか、紫斑病でかゆみが出やすいところはどのような部位なのか、紫斑病は感染してしまう病気なのか、などを紹介したいと思います。紫斑病で...

≫続きを読む

紫斑病が顔に出る場合

紫斑病はアザのような紫斑がでるのが一般的な症状ですが、顔にも症状が出る紫斑病もあります。紫斑病の紫斑は顔にどんな風にでるものなのか、紫斑は足の裏などにも出ることがあるものか、シェーラインヘノッホ紫斑病はどこに紫斑が出ることが多いのか、などを紹介したいと思います。紫斑が顔にでるとどのようになるのか紫斑...

≫続きを読む

紫斑病と食事

紫斑病にかかってしまった時に紫斑が出ているだけなら食事制限されることはないですが、他の症状などが出ている時には食事制限されることがあるようです。どのような時に紫斑病は食事制限されることがあるのか、紫斑病に良いとされている食事などはあるものなのか、紫斑病性腎炎にはどのような食事が望ましいものなのか、な...

≫続きを読む

紫斑病と運動

紫斑病にかかってしまった時には出来るだけ安静にした方が良いと言われています。ですから出来るだけ運動などは避けて毎日を過ごすのが良いでしょう。紫斑病になってしまったらなぜ運動は出来るだけ避けたほうがいいのか、子供が紫斑病の場合紫斑だけが出ている時には学校へ行っても良いのか、アレルギー性紫斑病は子供がな...

≫続きを読む

紫斑病と鼻血

紫斑病にかかると血管から出血するために鼻血が出ることがあります。紫斑病にもいろいろな種類があるためどの紫斑病にかかっているのかどうかきちんと調べる必要があります。紫斑病で鼻血が出てしまった時にはどのような紫斑病にかかっていると考えられるのか、紫斑病で鼻血以外に出血してしまうことはあるのか、紫斑病は遺...

≫続きを読む

紫斑病とお風呂

紫斑病は入院するほどの腹痛や痛みなどがあった場合にはお風呂が禁止されることもありますが、普通の紫斑が出ていて家で安静にしている状態であればお風呂に入っても大丈夫です。紫斑病でお風呂に入る時に気を付けた方が良い点とはどのような事か、お風呂に入った後に何か症状が出た時にはどうしたら良いのか、紫斑病はどの...

≫続きを読む

高齢者の紫斑病

高齢者は60歳をすぎると老人性紫斑病にかかることがあります。老人性紫斑病とは毛細血管がもろくなることによって内出血をする紫斑が簡単にできてしまう病気で、高齢者はとくにちょっとぶつけただけでも紫斑ができてしまうことがあります。高齢者がなる老人性紫斑病になってしまったら気を付けることとはどのような事なの...

≫続きを読む

紫斑病の後遺症

普通の紫斑病はとくに後遺症が残ったりする病気ではないですが、紫斑病性腎炎などを患ってしまった場合には人工透析を受けなければならなくなることはあります。紫斑病とは後遺症が残ってしまう可能性が高い病気なのか、紫斑病はうつることがある病気なのかどうか、新生児がなることがある紫斑病はあるのか、などを紹介した...

≫続きを読む

スポンサーリンク